石山内科・ペインクリニック

スタッフの一言

暑中お見舞い申し上げます。

暑中お見舞い申し上げます。

例年になく早い梅雨明けとともに長い夏がはじまりました。線状降水帯における大雨被害などが発生する一方、地域によっては水不足への懸念など、なにかと不安材料が山積みですね。
それに加え、最近のコロナ発症率も気になるこの頃です。すでに60歳以上の方および基礎疾患のある方を対象に4回目のワクチン接種も行われており、慌ただしい日常が過ぎていきます。とにもかくにも皆さまが身体に気をつけてこの夏を乗りきれるよう願っています。

梅雨入りし湿度の高い日が続いています。

気温も高低差が激しく、体調管理が難しいですね。
晴れた日にはできるだけ散策をし、体力保存をするのはいかがでしょう。今は、アジサイの花盛りです。紫色や赤紫色はもちろん、きれいな青色や真っ白なアジサイの花も見ごたえがあり、心が洗われる思いです(^^♪
そうそう、熱中症予防のためにも水分の補給をお忘れなく!

そろそろ5月も終わりですね。

寒い日が続きます。

春になり、クリニックの小さな中庭にも様々な植物が花をつけるようになりました。
今回初めてお披露目するのは「ヒューケラ」の一種で、「シルバーガムドロップ」という品種です。写真にある通り、背の高いヤマボウシの根元に、20センチ足らずの小さな下草的存在として植えた植物です。調べてみると緑色はもちろんのこと黄色や赤色などカラーバリエーションが豊富な常緑多年草のようです。クリニックには緑色のヒューケラも植えていますので、一緒にご鑑賞くださいね!なんとこんな小さな植物にも、真っ赤な花が咲いていますよ(^_-)-☆

コロナ禍も長くなり、お花見のスタイルも変わりましたね。

皆で宴を囲むこともなくなった代わりに、先日は桜並木の下をそぞろ歩きしながら、花をめでてきました。日本にはあちらこちらに桜の木が植えられていて、この季節にはその素晴らしさを確認することができます。何かと暗いニュースの多い日々ですが、小さな幸せをみつけ乗り切っていきたいところです(^_-)-☆

寒い日が続きます。

寒い日が続きます。

もうすぐ立春となり暦の上では春がま近ですがまだまだ寒さは厳しく身に応えますね。そんな中、クリニックの小さな庭には、元気にクリスマスローズが咲いています。まさに「寒さに耐えて咲く花、冬の女王」です。
このクリスマスローズは名前からバラ科の種類かと思われがちですが、実はバラとは違う種類でクレマチスなどと同じ仲間とのこと。花の少ない冬に、寒さに耐えながら咲いて力強い姿を見せてくれています。眺めていると元気が出ますね(^^♪)

新しい年になりました。

今年もコロナ禍でなにかと制約の多い年になりそうですね。先も見通せず暗くなりがちですが、「却ってよかった」と思える日が来ることを信じて、日々の生活を送っていきたいところです^_-)-☆まずは、身の回りの感染対策など、自分ができることから一歩一歩進めていきましょう!!
お正月でお餅を食べすぎたせいか、コロナのせいなのか少々太り気味で困ってま~す。こちらもなにか対策をしなければ。。。(;’∀’)

ページのトップへ戻る