石山内科・ペインクリニック

スタッフの一言

梅雨入りしましたね

今年の梅雨は「短期集中型」ということのようですね。長雨ですと気持ちが滅入りがちですが、短期間で済むのはちょっとうれしいです。ただ、雨が集中し、豪雨が発生したりする可能性が増すのでしょうか。お天気ばかりは人間の思うように変えることはできないので、受け入れるほかないのですが、雨による大きな被害が発生しないことを祈るばかりです。

梅雨の前の一息

やっと日差しがもどり暖かくなってきました。

6月に入り梅雨の季節も間近になりました。
クリニックの中庭では、エニシダの成長が楽しめます。エニシダはマメ科の一種で、春先になると、細い枝にかわいい小さな花をつけます。英語名は「Broom(ほうき)」といい、この枝でほうきを作ったことにちなんで名付けられたそうです。これからは細い枝に咲いていたその花も徐々に終わり、絹さやのような小さなふくらみが見られるようになるでしょう。今から楽しみです♬

健康診断の季節です。

NEWSでお伝えしている通り、特定検診もまもなく始まります。当クリニックでも、毎年この時期に職員検診を実施しています。昨日はレントゲンのほかに体重や身長も計測しました。実は、体重測定のことをすっかり忘れ、一昨日の夜、久しぶりに会った友人と会食しつい食べ過ぎてしまったので、おそるおそる体重計にのった次第です。
結果はご想像の通り、、、
検診がわかっていると節制をする人も多いと耳にします。その必要は全くないのですが、何事もほどほどに、せめて検診の前夜は日常生活を保っていかないと、と思い至った日でした(;’∀’)

やっと日差しがもどり暖かくなってきました。

やっと日差しがもどり暖かくなってきました。

待ち望んでいた桜の開花時期はあまり天気に恵まれず、ゆっくりお花見をする機会を逃していましたが、今日は気温も上昇し春本番でしょうか(^^♪
クリニックの中庭でも、さまざまな花が開花中です。カメリアエリナ(写真左)は、まだまだちいさなツボミですが、もう少しで薄ピンクの花が開くでしょう!写真の右側の白い花は一見、額アジサイの仲間のように見えますが、葉っぱが違いますよね。あれこれ調べてみましたが、名前がわかりません。もし知っている人がいたら教えてくださいね(^_-)-☆

三寒四温とはよくいったものです。

寒くなったり暑くなったりと、寒暖差が激しい今日この頃ですね。早く暖かくなってほしいと春の到来が待たれます。
しかし、同時に春の大敵「花粉症」の到来となっています!!スタッフ間では、もろにこの影響を受け「おはよう」のあいさつ代わりに、くしゃみが飛び出す状況です(‘ω’)花粉症の方々の大変さを身をもって体験しています。
そのような中、唯一の慰みは、かわいらしい花が咲き始めていることでしょうか。クリニックでは、自転車置き場のミモザの下に、クリスマスローズの花が開花しているのを見ることができます。薄く赤紫味がかった瀟洒な花です。ふとすると見逃してしまいがちですが、通りがかりにでも探してみてくださいね(^^♪

2月に入り寒さもピークになっています。

節分も過ぎ立春となったかと思いきや、昨日は雪が降りましたね~室内から見ていると雪景色はきれいですが、外出時には要注意ですよね。今朝は慣れない雪に足元をとられながらも、無事に出勤でき、ほっとした次第です。
春はまだ遠いようですが、冬の大変さがあるから春のありがたさも倍増します!!道を行きかう子どもの「ゆ~きや、こんこん♬あ~られや、こんこん♪」という歌声に対して、思わず「は~るよ、来い♬は~やく、来い♪」と心の中で応戦してしまっていました(^^♪

寒さが厳しい時期です。

寒さが厳しい時期です。 寒さが厳しい時期です。

朝は起床がちょっとおっくうになりがちですね。まだ、春は遠いようです。
でも、今朝、中庭に目をやると、小さな花芽が出はじめていることを発見しました!!木々が春の準備をしているのがわかります。これから日々の進展を見るのが楽しみになりました♪みなさまも身の回りで、春の準備の様子を見つけてくださいね (^_-)-☆

新年のご挨拶

新年おめでとうございます。今年は元旦早々の大地震に引き続き、航空機事故の発生など、大変な年明けとなってしまいました。今後、一人でも多くの方々にとって、少しでも穏やかな日々となるよう祈るばかりです。
さて、クリニックでは新年を迎え、スタッフ一同、気持ちを新たに地域医療に取り組んでいく所存です。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ページのトップへ戻る